コメントする

損を出すことが不快だから負けてしまう

僕はまるで損切りということができません。
取引履歴に損失を計上するのがとにかく不快なのです。
含み損がまだ小さいときに確定できないので、時おり損は雪だるま式に膨れ上がり、やがてとんでもない大損失を確定することになります。

全てのトレードで勝てれば一番いいのですが、相場の値動きという不確実なものを相手にしている以上、全勝など到底できないのが事実です。
なのでFXで利益を出したいのであれば、含み損は小さいところで確定し含み益は伸ばしていくというような「損小利大」を目指さねばならないのです。
そのためには損切りへの不快感という邪魔な感情を無くしていかねばなりません。

現実的な対策としては、取引数量を小さく抑えた上で損切りの訓練を繰り返すということが挙げられるでしょう。損失が出てもそれがごく少額ならば、感じる不快感のほうも少なくて済みます。
少々不快なことでも何度も繰り返すことでやがて慣れが生じ、感じられていた不快は徐々に無くなってくるはずです。
まずは小さな取引数量で損切りをマスターした上で、その次に徐々に適切な数量に近づけていけばいいのです。

現在の私は含み損ポジションを保有し続ける事に慣れてしまっているという大変に良くない状態なのですが、なるべく早いうちに「小さな損切り」というFXで勝つために必要な事に慣れるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です